ポッコリお腹の原因になる生活習慣の一覧

MENU

ポッコリお腹になる生活習慣

普段の生活の中でこのぽっこりお腹がひどくなる原因を紹介します。


偏食続き

朝食抜きや血色、外食などでの食物繊維不足により、胃や結腸の反射やぜん動運動が低下。偏った食生活で便秘が進行します。


睡眠不足やストレス

ポッコリお腹の女性
腸の働きをコントロールするのに自律神経の働きが大きく関わっているため
睡眠不足や過度のストレスで緊張が高まった等は自律神経のバランスを崩し、腸の運動が抑制されて排便力が低下。また入院中や旅行中などの環境の変化でも重症の便秘が起きやすくなります。


運動不足

運動不足は血流障害や、筋力低下を招き、代謝を低下させ、ぜん動運動などの腸の働きの低下や、排便に関わる筋力の低下を起こし、慢性の便秘に。


便意の我慢

朝の排泄時間を逃したり、便意が起きても我慢するなどしているうちに、直腸と肛門の働きが低下し、便意を感じなくなり、重症の便秘に。



下剤への依存


一般的な下剤(アントラキノン系下剤、大黄、センナ、アロエ)のほとんどは即効性はあるが、常用して6ヶ月〜1年以上になると大腸にメラノーシスという大腸結膜下に色素沈着が起きて、大腸の収縮運動が低下します。その結果ますます下剤に頼ることになって下剤依存症になります。