食物繊維の効果的な取り方や食材

MENU

食物繊維の取り方のコツ


便秘解消のコツを教える先生
食物繊維は、腸管を活発に動かして消化、排便を促す食品中に含まれる物質で、たっぷり取ると排便機能が高まり、老廃物を出してぽっこりお腹を解消してくれるのです。
また、食べ物が党内に長くとどまるのを防ぎ、体外にすみやかに排出してくれる働きもあるので、食物繊維は、デトックス食材としても評価が高いのです。


ぽっこりお腹を解消するためには食物繊維の取り方にコツが有ります。
それは水溶性食物繊維と不溶性食物繊維の割合を1対2の割合で取ること。便が柔らかくなって排便機能が高まるでしょう。


水溶性食物繊維

水溶性食物繊維が多い食材は昆布、わかめ、もずく、ひじきなどの海藻類、
しいたけやぶなしめじなどの、きのこ類、
バナナりんご、いちごなどの果物です。
水溶性食物繊維の多い食品の摂取を心がけると、便のかさが増えて便通が良くなります。また水溶性の食物繊維は腸内の悪玉菌が発生する活性酸素を吸着して、素早くべんとして出してくれます。


不溶性食物繊維

不溶性食物繊維が多い食材はごぼう、さ打つマイも、かぼちゃ、たけのこ、オクラ、玄米、豆類。


不溶性食物繊維は水分を吸収して膨らみ、腸壁を刺激して排便を促進、有害物質の排出に活躍します。ただ、朝の蠕動運動が低下して便秘が、、、。


過剰にに不溶性食物繊維を摂り過ぎると、未消化な状態を作ってしまい、便秘をさらに悪化させてしまうので気をつけましょう。


また、ぽっこりお腹解消に必要な食物繊維の摂取量はどれくらい必要なのでしょう。
厚生労働省によると成人1人あたりの食物繊維の摂取量が20〜25gで、これに対し日本の肥満研究で、最も権威のある学会の日本肥満学会が出している、肥満・肥満症の指導マニュアルでは、肥満の人に対して1日あたりの食物繊維の摂取量を30gとしています。
これらを目安にすると、ぽっこりお腹の人は、日頃から1日に25〜30gくらいの食物繊維を取るべきで、ぽっこりお腹解消周間中でもその量をとるようにしましょう。